心理カウンセラーの資格を取得しよう【人の心をケアできる】

針

学校選びが大切

鍼灸師になるには、専門学校など養成機関に三年以上通い、国家試験に合格する必要があります。なるためには学校選びが重要です。大学か専門学校か、昼間学部か夜間学部か、ほかの資格がとれるかなどを考えて選びましょう。

MENU

施術

社会人からでもなれる

整体師になるには国家資格は必要ありませんが、豊富な知識と経験が必要です。その為には整体スクールやセミナー、講習会などに参加しましょう。更なる実践を身につけたいのなら整体院に勤務しながら、更なる知識と技術を磨き、患者に寄り添える整体師になりましょう。

男女

どの団体のものをとるか

心理カウンセラーとして資格を取得する場合、どの団体の物を取るかによって学ぶべき手段やスクールが異なります。通信教育だけで済むものもありますが、4年以上学校に通う必要のある所も少なくないため、慎重に選びましょう。

お灸

障害者支援もある

鍼灸の資格を取得するには専門学校や大学に通うことになります。また、目の不自由な人や高齢であっても勤められやすい仕事となっているため、開業すれば長く勤めることも可能です。それに患者からの需要もあります。

男性

整体は知識と実績が必要

人の凝った体を癒やす整体師になるには確かな知識と実績が大事です。適当にしていれば相手を傷つけてしまいますし、人気を集めることはできないでしょう。ぜひ整体の専門学校で知識と実績を積むんでみんなから信頼される整体師になりましょう。

RECOMMEND POST

針

学校選びが大切

鍼灸師になるには、専門学校など養成機関に三年以上通い、国家試験に合格する必要があります。なるためには学校選びが重要です。大学か専門学校か、昼間学部か夜間学部か、ほかの資格がとれるかなどを考えて選びましょう。

施術

社会人からでもなれる

整体師になるには国家資格は必要ありませんが、豊富な知識と経験が必要です。その為には整体スクールやセミナー、講習会などに参加しましょう。更なる実践を身につけたいのなら整体院に勤務しながら、更なる知識と技術を磨き、患者に寄り添える整体師になりましょう。

心理に関わる職業の証明書

男性

いろいろな種類

心理カウンセラーになるための資格はたくさんあります。最近では平成29年に施行された公認心理士があり、これは国が認めた唯一の国家資格です。それまでは民間の資格ばかりが存在し、心理カウンセラーはこれらの取得が必須というわけではありませんでした。ただ、国家資格を持っていれば就職に有利だったり、信頼が増すメリットがあります。公認心理士の受験資格は2つあります。大学または大学院での専門学科を卒業、または大学での専門学科を卒業したのち、一定期間心理カウンセラーとして勤務した条件が求められます。その他の代表的な民間の資格は臨床心理士で、これを取得するには指定の大学院を卒業するなどの複数の受験資格があります。主に医療機関などで心理カウンセラーとして活躍する人は、この臨床心理士の資格を持っている割合は多いです。次に学校現場で活躍する学校心理士もあります。学校心理士は学生の心理状態をケアする役目があり、現在では多くの学校で専属の学校心理が活躍しています。これも大学や大学院での学校心理士に関する専門学科や、教育学部の卒業が受験資格となっています。臨床発達心理士は発達障害に関する心理カウンセラーとなり、今後の需要の高さが注目されています。発達障害への取り組みは年々広がり、関連施設での人材が求められているからです。この心理カウンセラーになるには、大学以外でも短大や専門学校で専門学科を卒業した場合に受験資格が得られます。学校を卒業しなくても目指せる心理カウンセラーは産業カウンセラーがあり、これも企業からの需要が増しています。この心理カウンセラーは養成講座や通信講座を受講すれば受験できるようになっています。

Copyright© 2018 心理カウンセラーの資格を取得しよう【人の心をケアできる】 All Rights Reserved.