心理カウンセラーの資格を取得しよう【人の心をケアできる】

MENU

学校選びが大切

針

申し込み前の準備

鍼灸は鍼と灸の二つのジャンルを総合した言葉です。それぞれ別の国家資格ですが、たいていは二つ同時にとります。逆に言えば片方だけとっても実用性は低く、両方とるのが前提といえます。鍼灸師になるには、専門学校など養成課程のある学校に三年以上通った上で国家試験をうける必要があります。そのため、なりたいと思ったらまず専門学校を探し選ぶのが最初のステップです。鍼灸が学べる学校には、専門学校、短大、大学などがあります。専門学校や短大は三年制ですが、大学は四年制であることが多いです。鍼灸が学べる大学は、数は多くありませんが、一年長い分より充実した内容が学べます。専門学校や短大では早く社会にでることができ、学費が安いのがメリットです。また、専門学校の中には夜間学部がある学校もあります。すでに働いている場合などは夜間学部もよいでしょう。夜間学部にいる学生はバリエーション豊かで、様々な人生経験を持つ人が多いので、社会経験としては貴重なものになります。また真剣度が高いことも多いので、あえてそちらを選ぶのもおすすめです。選ぶときのポイントとして、別の資格がとれるかという観点もあります。指圧や按摩マッサージ師など様々な資格があればその分就職の間口も広がります。授業が増えるので忙しくはなりますが、より幅広く資格を手にしたいのならばおすすめです。鍼灸師のニーズは高まっていますが、鍼灸師自体の数も増加傾向にあるので、能力を身につけておくのは大事です。

Copyright© 2018 心理カウンセラーの資格を取得しよう【人の心をケアできる】 All Rights Reserved.